家族信託

家族信託とは、今財産を持っている人が信頼できる相手に自分の財産の管理・処分を託すというしくみです。
この家族信託のしくみを使うことによって、これまでの相続対策や財産管理の手法ではできなかったことが、できる可能性が出てきています。

  • 「委託者」=財産を持っている人
  • 「信託財産」=管理を任せる、つまり託す財産のこと
  • 「受託者」=「委託者」から依頼されて、信託財産を管理する人
  • 「受益者」=その財産から得られる収益を得る人

家族信託は受託者に家族、親族が就くことで、「家族で財産の管理をしましょう」、「一族でその財産を守っていきましょう」という仕組みを実現することが目的です。

家族信託には「委任契約」「成年後見制度」「遺言」の各機能のよいところが含まれています。これらの制度を使うにはそれぞれ別の手続きを必要としますが、家族信託では1つの信託契約の中にそれらの機能を盛り込むことができることが最大のメリットと言えます。

当社では家族信託コーディネーターがご相談を承ります。
ご相談はこちらからお申し込みください。